公文俊平情報塾

第一期の講義+議論を出版しました。

私とは何かを考えるのが

20 世紀だとしたら、

私の物語の衝突を超えて、

私たちを考えるのが

21 世紀なのかもしれない。

公文俊平情報塾の記録

第一期2018 年3 月~ 2018 年8 月

現代社会論の第一人者である公文俊平先生の講義と参加者の議論を続けています。参加希望の方は、橘川幸夫の活動報告のメルマガにご登録ください。次回の開催日などをお知らせします。

塾長・公文 俊平(くもん しゅんぺい、1935年1月20日生れ)

日本未来学会名誉会長、多摩大学情報社会学研究所所長、

立命館アジア太平洋大学アジア太平洋学部客員教員、

情報社会学会会長。専門は、社会システム論、国際関係論。

公文俊平・略歴

(1957) 東京大学経済学部卒 経済学士取得

(1959) 東京大学大学院社会科学研究科理論経済学専門課程修士修了

(1968) Ph.D. 取得(インディアナ大学経済学部大学院)

(1967) 東京大学教養学部助教授

(1967) カナダ・カールトン大学客員助教授・客員準教授

(1971) 経済企画庁客員研究官

(1978) 東京大学教養学部教授

(1988) 米国・ワシントン大学客員研究教授

(1990) 学校法人国際大学教授

(1993) 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター所長

(2004) 多摩大学情報社会学研究所所長・多摩大学教授

主な研究分野・関心領域

・社会システム論

・日本社会論

・情報文明論

公文俊平 著作リスト

『文明としてのイエ社会』

村上 泰亮(著)、公文 俊平(著) 中央公論新社 (1979/08) ISBN-13:978-4120008849

『情報文明論』

公文 俊平 (著) NTT出版 (1994/04) ISBN-13:978-4871882705

『文明の進化と情報化 : IT革命の世界史的意味』

公文 俊平 (著) NTT出版 (2015/12/18) ASIN: B019PU0X0M

『情報社会学序説―ラストモダンの時代を生きる』

公文 俊平 (著) NTT出版 (2004/10) ISBN-13:978-4757101357

『情報社会のいま ―あたらしい智民たちへ』

公文 俊平 (著) NTT出版 (2011/5/9) ISBN-13:978-4757103122

『社会システム論 (1978年)』

公文 俊平 (著) 日本経済新聞社 (1978/03) ASIN: B000J8QM6O

『転換期の世界』

公文 俊平 (著) 講談社学術文庫 (1978/12) ASIN: B000J8KEG8

『ネットワーク社会』

公文 俊平 (著) 中央公論社 (1988/12) ISBN-13:978-4120017582

『情報社会のソーシャルデザイン 情報社会学概論Ⅱ』

公文俊平/大橋正和 編著  NTT出版(2014/11)    ISBN:978-4-7571-0352-8

『ネティズンの時代』

公文 俊平 (著) NTT出版 (1996/10) ISBN-13:978-4871884617

『2005年日本浮上―長期波動で読む再生のダイナミズム』

公文 俊平 (著) NTT出版 (1998/11) ISBN-13:978-4757100022

『アメリカの情報革命』

公文 俊平 (著) NECクリエイティブ(1994/11)     ISBN-13:9784930916990

公文公文情報塾 第一期塾生メンバー(順不同)

○中川 大地

文筆家、編集者。宇野常寛主宰によるカルチャー雑誌『PLANETS』副編集長。芸能山城組。著書に『東京スカイツリー論』(2012年5月、光文社〈光文社新書〉)『現代ゲーム全史 文明の遊戯史観から』(2016年、早川書房)

○山肩 大祐

ナゾトキコンサルタント/Real-life Game Creator in JAPAN。IGDA日本理事

○境 真良

経済産業省国際戦略情報分析官。津田塾大学、大妻女子大、女子美術大学非常勤講師。独立行政法人情報処理推進機構参事。国際大学グローバル・ コミュニケーション・センター(GLOCOM)客員研究員。著書に『アイドル国富論』(2014年10月、東洋経済新報社)

○鈴木 敏行

株式会社アバン アソシエイツ アキバテクノクラブ事務局長。有限会社テレライフデザイン研究所。元鹿島建設。

○榎本 統太

編集者。翔泳社、白夜書房などでIT・カルチャー関連の雑誌、書籍を数多く手がける。

○石村 源生

東京工業大学 地球生命研究所(ELSI)特任准教授 広報チーフ

○久米 信行

久米繊維工業 会長。多摩大学経営情報学部 客員教授。墨田区観光協会 理事。

○後藤 将之

編集者

○松永 統行

国際社会経済研究所 情報社会研究部 主任研究員

○柄沢 祐輔

建築家。柄沢祐輔建築設計事務所主宰。アルゴリズム建築の方法論による建築・都市設計を手掛けている。著書に『10+1』48号「アルゴリズム的思考と建築」(責任編集、2007年、INAX出版)等。

○高野 雅晴

 ビットメディア代表取締役社長

○中尾 泰治

 エンジニア

○前川 珠子

らくがきすと・即興ピアニスト・セラピスト。東北希望(過労死遺族・本人・家族とサポーター)の会代表。全国過労死防止センター幹事。過労死等防止対策協議会委員。

○森嶋 良子

フリー・エディター&ライター

○鈴木 太夢

株式会社デジタルメディア研究所 企画実現担当

○須田 真

 株式会社デジタルメディア研究所 客員研究員

◇事務局

○大野 誠一

ライフシフト・ジャパン株式会社 取締役副社長

○橘川 幸夫

株式会社デジタルメディア研究所 所長。日本未来学会 理事

○遊佐 ひとみ

株式会社デジタルメディア研究所 研究員情報塾 第一期塾生メンバー(順不同)

○中川 大地

文筆家、編集者。宇野常寛主宰によるカルチャー雑誌『PLANETS』副編集長。芸能山城組。著書に『東京スカイツリー論』(2012年5月、光文社〈光文社新書〉)『現代ゲーム全史 文明の遊戯史観から』(2016年、早川書房)

○山肩 大祐

ナゾトキコンサルタント/Real-life Game Creator in JAPAN。IGDA日本理事

○境 真良

経済産業省国際戦略情報分析官。津田塾大学、大妻女子大、女子美術大学非常勤講師。独立行政法人情報処理推進機構参事。国際大学グローバル・ コミュニケーション・センター(GLOCOM)客員研究員。著書に『アイドル国富論』(2014年10月、東洋経済新報社)

○鈴木 敏行

株式会社アバン アソシエイツ アキバテクノクラブ事務局長。有限会社テレライフデザイン研究所。元鹿島建設。

○榎本 統太

編集者。翔泳社、白夜書房などでIT・カルチャー関連の雑誌、書籍を数多く手がける。

○石村 源生

東京工業大学 地球生命研究所(ELSI)特任准教授 広報チーフ

○久米 信行

久米繊維工業 会長。多摩大学経営情報学部 客員教授。墨田区観光協会 理事。

○後藤 将之

編集者

○松永 統行

国際社会経済研究所 情報社会研究部 主任研究員

○柄沢 祐輔

建築家。柄沢祐輔建築設計事務所主宰。アルゴリズム建築の方法論による建築・都市設計を手掛けている。著書に『10+1』48号「アルゴリズム的思考と建築」(責任編集、2007年、INAX出版)等。

○高野 雅晴

 ビットメディア代表取締役社長

○中尾 泰治

 エンジニア

○前川 珠子

らくがきすと・即興ピアニスト・セラピスト。東北希望(過労死遺族・本人・家族とサポーター)の会代表。全国過労死防止センター幹事。過労死等防止対策協議会委員。

○森嶋 良子

フリー・エディター&ライター

○鈴木 太夢

株式会社デジタルメディア研究所 企画実現担当

○須田 真

 株式会社デジタルメディア研究所 客員研究員

◇事務局

○大野 誠一

ライフシフト・ジャパン株式会社 取締役副社長

○橘川 幸夫

株式会社デジタルメディア研究所 所長。日本未来学会 理事

○遊佐 ひとみ

株式会社デジタルメディア研究所 研究員